帯状疱疹の後遺症

鼻に帯状疱疹ができた場合は、目の合併症を伴うことが多いので、特に注意しましょう。三叉神経第一枝支配領域の鼻毛様体枝に起きた帯状疱疹では、眼瞼(がんけん)結膜炎や角膜炎、虹彩毛様体炎(こうさいもうようたい)、網膜炎などの症状が現れるので、早期にその治療を開始することが必要です。

眼瞼結膜炎は最も多い眼の合併症で、症状は異物感や目の痛み、結膜の充血があります。角膜炎は帯状疱疹によるもの以外に、単純ヘルペス感染症によるものも非常に多くなります。虹彩毛様体炎は、自覚症状は見えにくくなる、眼の痛みなどがあります。網膜炎は、非常にまれですが、極端に免疫が低下している場合に起きることがあります。

症状が出た場合、ヘルペスの位置から目に症状が出る可能性の高い場合は、主治医と相談の上、眼科を受診しましょう。その際は、皮膚科医からすでに抗ウイルス薬を処方されていることを、忘れずに眼科医に申告することを忘れずに。

眼科では、眼につける抗ウイルス薬の軟膏やステロイド薬の点眼薬が処方されます。眼の場合の合併症は、早い時期から適切な治療が行われないと、後まで症状が残ったり、視力の低下につながる恐れもあるため、放置しておかないようにしましょう。

結婚情報サービスPlaza